は気温が高いこともあって、汗を掻きやすくなっています。

顔や首元だとハンカチなど持っていれば、人前でもすぐに拭くことができます。

しかし自宅や外出先のトイレでなければ人に見られてしまうことから、バスト周りに汗を掻いても気軽に拭くことができないです。

そのままにしていても汗は掻き続けますので、汚れが付いてしまい毛穴が塞がってしまうことによってかゆみを感じてしまいます。

バスがかゆいと、拭くのと同じくらいにすぐに掻くことができないので我慢するしかないです。

我慢した後は、長い時間耐えた後の開放感も手伝って勢いよく掻きむしりますので、炎症を起こして黒ずみになってしまいます。

そうなりましたら、見た目も良くないです。

そこで短時間の外出程度でしたら、汗が掻きやすいバストの下に薄手のタオルまたは手ぬぐいを挟み込めば、汗を吸収しかゆみを軽減することもできます。

バストにタオルや手ぬぐいを挟むと、左右の大きさも違って見えることからバランス悪く感じるのではと思いがちです。

そこは挟む時に鏡を見ながら、確認することによってバランスよく挟むことができます。

ポイントはタオルを縦に折ってから、中心部分を谷間にくるように意識し、片方のずつ位置を確認しながらバストで挟むことによってズレることも少ないです。

あまった部分は、下着の中に入れて隠せば胸が大きく見せることもできます。

ただ白の下着や洋服を着た時に、派手な色のタオルや手ぬぐいですと目立ってしまうことから、その点は注意してほしいです。

そうすることで汗を掻いてもタオルに吸収し、バストのかゆいも軽減し大きく見せて谷間もできますので、上手に活用してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です