人間は生きていく以上、食べたり飲んだりしないといけませんが、飲食する時間をバストアップに活用できます。胸を大きくする効果がある食材としてよく言われるのが、「大豆製品」「キャベツ」です。これらの食材がなぜバストアップに繋がるのでしょうか。

まずは、大豆製品。バストの中身である乳腺や脂肪を発達させ、胸を大きくさせるには女性ホルモンが欠かせません。大豆製品には大豆イソフラボンという成分が含まれており、女性ホルモンの1種であるエストロゲンと同じような働きをしてくれます。エストロゲンには乳腺を発達させる働きがあり、そのため類似している大豆イソフラボンにも乳腺を発達させる働きがあります。先程も説明した通り、バストアップには乳腺の発達が必要になります。

 

しかし、バストアップのために大豆製品ばかり食べていてもダメです。バストの基となる脂肪やバストを支える筋肉を作るタンパク質など色々な食材をバランスよく摂ることが大切です。大豆イソフラボンの次にバストアップに繋がると知られているのが「ボロン」という成分です。このボロンにもエストロゲンと似た働きがあるため、バストアップに繋がると言われています。

ボロンは、体に必要なミネラルのひとつで、エネルギー代謝作用に影響することが確認されています。このボロンという成分が多く含まれているのが、キャベツやリンゴ、レーズン、ナッツなどです。ボロンは熱に弱く、生で食べられる食材でしか摂取できません

。なので、今紹介した4つの食材ならどれも加熱しないで済むので、バストアップを望んでいる人にはおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です